当サイト使用のWPテーマ「SWELL」のレビューはこちら

初心者向け|iPadイラストにはApple Pencilじゃなきゃだめ?他スタイラスペンも優秀です!

  • URLをコピーしました!

『iPadでイラストを描く際のペンはApple Pencilじゃないとダメですか?』

という質問をいただくことがあります。

結論:Apple Pencil(第2世代)が神だけど、格安スタイラスペンも意外と優秀

最高の描き心地・使いやすさを求め、予算もあるならApple Pencil(第2世代)一択ですが、

  • 初めてのデジタルイラスト
  • とりあえずiPadで絵を描いてみたい
  • Apple Pencilを買うのは予算的に厳しい

という方であれば、サードパーティ製(純正じゃない)スタイラスペンでも十分対応可能です。

たなか

私も最初は格安スタイラスペンで描き始め、徐々にお仕事をもらえるようになり、iPad ProとApple Pencilを購入するまでになりました◎

今回は、Apple Pencilとサードパーティ製格安スタイラスペンを比較していきます。

iPadでイラストを描く=Apple Pencilじゃなきゃダメ

ということは全くないので、あなたの今の環境やスタイルに合わせてスタイラスペンを選んでみてくださいね。

もくじ

結論:Apple Pencil(第2世代)が圧倒的に使いやすい

iPadでイラストを描くなら、Apple Pencil(第2世代)がすべてにおいて一番使いやすいです。

たなか

アナログに近い感覚でストレスなく絵をかけます。

描きやすさ、持ちやすさ、充電のしやすさ、デザイン性、どれをとっても、Apple Pencil(第2世代)がトップ。

【Apple Pencil(第2世代)が最高な点】

  • アナログに近い感覚でイラストを描ける
  • ペンをダブルタップするとツールを切り替えられる(ペン・消しゴムなど)
  • iPadの側面に付けるだけで充電できる
  • ほどよい重みで描きやすい
  • 高級感あるデザイン
  • カバーやグリップが豊富に売られている

筆圧感知・傾き感知があり、細かい線の表現が可能で、このiPadでこの描き心地を味わうならApple Pencil一択です。

パームリジェクション機能が優秀なのでが当たっても誤操作せず、2本指グローブ不要。

Apple Pencil(第2世代)のデメリットがあるとすれば『価格が優しくない』ことくらいでしょうか。

そのくらいApple Pencil(第2世代)は最高。

Apple(アップル)
¥19,077 (2022/10/05 16:13時点 | Amazon調べ)

サードパーティー製スタイラスペンも安くて優秀

最高の描き心地と使いやすさを求めるなら、Apple Pencil一択ですが、サードパーティー製スタイラスペンも結構に優秀。

3000円程度で、筆圧感知・傾き感知、パームリジェクション機能を搭載したスタイラスペン買えます。

字を書くだけの用途なら、Apple Pencilじゃなくてもいいんじゃない?って思うくらいです。

細かい描き込みや塗りの少ないイラストを描かれる方なら、十分対応できそうです。

デジタルイラスト初心者さんは、まずサードパーティー製のスタイラスペンからスタートしても良いかもしれません。

たなか

デジタルイラスト未経験でいきなり10万のiPadと1.5万のApple Pencilを買うのは、結構勇気がいるもんね…。

Apple Pencilと格安スタイラスペンの比較

私が普段使用しているApple Pencil(第2世代)と、ネットによくある3000円クラスのスタイラスペンを比較してみようと思います◎

  • Apple Pencil(第2世代):15,286円(税込)
  • USGMoBi タッチペン iPadペンシル:3,099円(税込)

見た目はかなり似ているが、持った感覚がやや違う

どちらもカラーはホワイトでさらさらした質感。

重さも、Apple Pencil(20.7g)・USGMoBi タッチペン(17.8g)とほぼ変わりません。

Apple Pencilの方が全体の重さのバランスが良いです。

USGMoBi タッチペンの方はペン先が軽くておしりが重いため持ったときやや不安定に感じます。

Apple Pencil(第2世代)に搭載されているダブルタッチでツールを変更する機能は付いていません。

簡単な線の描き心地はほぼ変わらない

簡単な線の描き心地は、どちらも変わりません。

USGMoBi タッチペン、意外になめらかで描きやすく驚きました!

線のガタつきや遅延などのストレスはありません。

たなか

線の少ないタッチのイラストであれば、格安スタイラスペンでお仕事全然できるかも〜!

シュッと描けば、線の抜きも表現できます◎

ただ、USGMoBi タッチペンには筆圧感知がないので、アナログのような細かい線を表現することはできません。

他のやサードパーティー製スタイラスペンには『傾き感知』が搭載されているものもあります◎

格安スタイラスペンでも、極端に描きづらいとうことはありませんでした。

パームリジェクション搭載

3000円クラスのスタイラスペンであれば、パームリジェクション機能が搭載されています。

小指側の手首が左手が画面に当たった際に誤操作がないため、ストレスを感じず描き続けることができます。

サードパーティー製スタイラスペンは充電が面倒

Apple Pencil(第2世代)は、iPadの側面に装着すれば即充電可能なのに対し、

サードパーティー製(純正じゃ無い)のスタイラスペンは、USBで充電するものがほどんど。

Apple Pencil(第2世代)を使用していると充電し忘れることが無いので、USB充電が面倒に感じてしまいます。

たなか

USBの線も邪魔だよね…。

サードパーティー製スタイラスペンのデメリット

すべてのサードパーティ製(純正じゃない)スタイラスペンに当てはまるわけではありませんが、

筆圧感知に非対応だったり、デザインがイマイチだったり、いくつかデメリットがあります。

  • 筆圧感知・傾き感知非対応のものがある
  • USB充電が面倒
  • 遅延が発生する場合がある
  • 全体の重さのバランスが悪い
  • 見た目がチープだったりする

価格が安い分多少のデメリットはあるものの、絵が描けないほど致命的なものではありません。

天下のApple Pencilに比べたら劣りますが、ペンとしての機能は十分です◎

たなか

3,000円前後にしては、描き心地と機能、素晴らしいよ!

Apple Pencil第1世代と第2世代の違い

基本的な描き心地に関しては、第1世代も第2世代もほぼ変わりません。

大きな違いは『充電方法』『ダブルタッチ機能の有無』『対応機種』になります。

第1世代第2世代
価格11,880円(税込)15,950円(税込)
充電方法iPadのLightning端子に接続iPadの側面にくっつける
素材ツルツルサラサラ
ダブルタップ非対応対応
対応機種・iPad mini(第5世代)
・iPad(第6世代以降)
・iPad Air(第3世代)
・iPad Pro12.9(第1,2世代)
・iPad Pro10.5
・iPad Pro9.7
・iPad mini(第6世代)
・iPad Air(第4世代以降)
・iPad Pro12.9(第3世代以降)
・iPad Pro11(第1世代以降)

イラスト初心者おすすめiPad用スタイラスペン

Apple Pencilの代わりになるイラスト用スタイラスペンが欲しい!

という初心者さんに向けて、おすすめのスタイラスペンをご紹介します◎

今回おすすめするお絵描き用スタイラスペンを選んだ基準は以下のとおり。

  • 価格が3,000円以内
  • パームリジェクション機能対応
  • 傾き感知機能対応
  • 替え芯がすぐに購入できるメーカー
  • 評価・口コミの数が多い

はじめてのiPadイラストに十分対応できる商品を選びました!

JAMJAKE スタイラスペン

  • 傾き感知機能対応
  • パームリジェクション機能搭載
  • 磁気吸着機能対応
  • 別売りの替え芯もすぐ購入できる
  • 2018年以降iPad対応

Amazonで星4.5、レビュー12,000件超えのベストセラー商品◎

筆圧感知機能はありませんが、約3,000円で傾き感知機能とパームリジェクション機能があれば十分でないでしょうか。

iPad Pro (第3世代以降)やiPad Air(第5世代)であれば、側面の磁気に吸着可能なのでペンを無くす心配がありません。(充電は不可)

たなか

替え芯が3つ付いてくるのも嬉しいポイント!

Amazonだと10%OFFクーポンが使えることがあるので、2,600円前後で購入することができます◎

はじめてのお絵かき用スタイラスペンにおすすめです。

USGMoBi タッチペン

  • 傾き感知機能対応
  • パームリジェクション機能搭載
  • 磁気吸着機能対応
  • 別売りの替え芯もすぐ購入できる
  • 2018年以降iPad対応

冒頭で紹介したUSGMoBi製のタッチペンの最新モデルです。

私が実際に使用したことがあり、描き心地がよかったのでおすすめしたいと思います。

最新版はペン先は純正品と同じ1.5mmのPOM製なので、私が持っているものより描き心地がさらに良くなっています。

反応も以前のものより良く、バッテリー残量も確認できるようになりました。

たなか

ペン先が極細0.1mmなので、非常に描きやすいのもポイント。

価格も2,500円前後、Amazonでの評価も星4.5と非常にコスパの良いペンです。

番外編:MEKO スタイラスタッチペン2本 +交換用ペン先6個

私がイラストレーターを目指すきっかけとなったスタイラスペンです!

たなか

とにかく安くて優秀なペンといえばMEKOスタイラスペン一択!笑

当時夫が持っていたiPad Air2でデジタルイラストを初めてみたくて、Amazonで1,000円で買いました。

MEKOスタイラスペンを使ってイラストを描きTwitterに投稿したところ、

結構良い反応をもらえて、そのうち『アイコンを描いて欲しい』と言われることが増えました。

そこで思い切ってイラストのお仕事に進み、利益も増えてきてiPad Proを購入するまでに至りました◎

線の入りが見づらい、ペン先が消耗すると反応しづらくなるなどのストレスはややあります。

MEKOスタイラスペンはBluetooth接続不要で、iPhoneやAndroidなどスマホにも対応しているので、

デジタルイラストを試してみたいという方は1度買って試してみると、私のように何かのきっかけになるかもしれません♩

最高の描き心地ならApple Pencil、価格を抑えるなら格安スタイラスペン

最高の描き心地と使いやすさを求め、予算があるならApple Pencil(第2世代)を買うのが一番良いです。

デジタルイラスト初心者さんや、今はApple Pencilを買う予算がない方は、格安スタイラスペンから始めでも十分◎

たなか

3,000円で傾き感知・パームリジェクション機能がついた優秀なペンが買えるもんね。

イラストのお仕事で利益が出てきたり、高度なイラストに挑戦したいと思ったら、多少無理してでもApple Pencilを買うことをおすすめします。

それ以外なら、サードパーティ製の格安スタイラスペンでも私は問題ないと思います。

iPadで絵を描くならApple Pencilじゃないとダメということはないので、

あなたの今の環境はスタイルに合ったスタイラスペンを選んでみてくださいね♩

SHARE
  • URLをコピーしました!
もくじ